文科省汚職、元局長らに有罪判決 東京医大の入試で次男に不正加点

文部科学省の私立大学支援事業で東京医科大に便宜を図る見返りに、同大の入試で次男を合格させてもらったとして、受託収賄罪に問われた同省の元科学技術・学術政策局長・佐野太被告(62)に対し、東京地裁(西野吾一裁判長)は20日、懲役2年6カ月執行猶予5年(求刑懲役2年6カ月)の有罪判決を言い渡した。

出廷した元局長次男「裏口入学と言われ悔しい」

贈賄罪に問われた同大前理事長の臼井正彦被告(81)には懲役1年6カ月執行猶予4年(求刑懲役1年6カ月)、前学長の鈴木衛被告(73)には懲役1年執行猶予2年(求刑懲役1年)、受託収賄幇助(ほうじょ)などの罪に問われたコンサル会社元役員の谷口浩司被告(51)には懲役2年執行猶予5年(求刑懲役2年)を言い渡した。

佐野元局長は公判で「息子への加点は知らなかった」と無罪を主張した。臼井前理事長ら3人も「加点は元局長に伝えていない」などと起訴内容を否認していた。

起訴状によると、佐野元局長は同省官房長だった2017年5月、臼井前理事長から、独自色がある私大の研究を国が支援する「私立大学研究ブランディング事業」の選定で便宜を図ってほしいと依頼された。

佐野元局長は、翌6月に谷口元役員を通して事業計画書の書き方などを助言。18年2月、見返りとして同大医学部を受験した次男の点数の加点を受け、不正に合格させてもらったとされる。

検察側は、佐野元局長が臼井前理事長から次男の受験について「来年は絶対大丈夫」と伝えられていたことなどから、「優遇措置を講じて合格させてくれる可能性を認識していた」と主張。不正入試は「多くの受験生らに多大な不公平感をもたらす」と批判した。

佐野元局長は「不正をしてまで合格させたいと考えていない」と無罪を訴えた。支援事業についても選定の職務権限はなく、入試での加点を「賄賂とは認識していない」と述べた。

東京地検特捜部は18年7月に、佐野元局長と谷口元役員を逮捕・起訴、臼井前理事長と鈴木前学長を在宅起訴していた。

高橋洋一いわく、最も出来の悪い人の集まり

タイガー・ウッズが高額賞金の新ツアー『LIV招待』を疑問視「理解できない」

男子ゴルフの今季メジャー最終戦「全英オープン」(スコットランド・セントアンドリューズ・オールドC=パー72)に臨むタイガー・ウッズ(46=米国)が12日に記者会見し、サウジアラビア政府系ファンドが支援する高額賞金の新ツアーでグレッグ・ノーマンが推進する「LIV招待」に批判的な見解を示した。

苦言を呈したウッズ(東スポWeb)

© 東スポWeb苦言を呈したウッズ(東スポWeb)

米男子ツアーはLIV招待に参戦した選手に対し、米ツアー出場を禁止する処分を発表している中、英「BBC」によると〝首謀者〟のノーマンが全英のャンピオンズディナーなどに招待されなかったことにウッズは「(大会を主催するR&Aは)正しい判断をしたと思う」とし「グレッグは私たちにとって最善の利益とは思えないことをした」と語ったという。

その上で「プレーヤーは賞金が保証されている大会のために何をしているのか。練習する意味はあるのか。前もってたくさんの賞金が前払いされていて、いくつかの大会で54ホールをプレーするだけ。激しい音楽が流れ、雰囲気も異なる」と話、予選落ちなしで最下位になっても12万ドル(約1650万円)の賞金を得られることを疑問視した。

さらにウッズは「メジャー大会の主催者が規定を変更したら、若い選手たちは生涯メジャーでプレーできない可能性さえある。そうした機会を経験できない選手を見るのは悲しいこと。理解できない」と主張した。スター選手の率直な意見に混迷するゴルフ界はどう動くのか。そして各ツアーの対立は解消されるのだろうか。

落選の乙武洋匡氏「【悲報】46歳、無職になりました」

第26回参院選(10日、投開票)東京選挙区に無所属で出馬し落選した作家でタレントの乙武洋匡氏(46)が11日、ツイッターを更新。自虐コメントをつづった。

乙武洋匡氏

© サンケイスポーツ乙武洋匡氏

乙武氏は「【悲報】46歳、無職になりました」と投稿。また、自身について書かれたネットニュースを引用し、「『このタイトルはひどすぎるだろ』と怒ってる、そこのアナタ。これ、私自身のコメントなんです。『政党の壁には手も足も出なかった』」と振り返った。

この投稿に「お疲れ様でした」「命がある限り、何度でも立ち上がりましょう」など応援コメントの他、フジテレビ系「ワイドナショー」への出演を希望する声もあった。

安倍昭恵夫人 夫の通夜での気丈な振る舞いに「神々しいくらい」弔問客を立ちっぱなしで対応

7月11日、奈良市内で銃撃され、亡くなった安倍晋三元首相の通夜が、東京都港区の増上寺で営まれた。

閣僚のみならず、多くの国会議員や、生前に親交のあった人物が焼香に訪れた。そのなかのひとり「お仏壇のはせがわ」で知られる、株式会社はせがわの長谷川裕一社長が、通夜の様子を語ってくれた。

「中はとにかく、厳粛な雰囲気でした。昭恵さんは毅然とされていましたね。神々しいくらいですよ。安倍元首相が亡くなられて、あらためて歴史上、これだけ偉大な方はいなかったと感じます。それだけの功績もありますしね」

生前、交流があったという40代の主婦は、多くの弔問客を、立ったまま出迎える昭恵夫人をいたわった。

「気丈に振る舞っておられて、とてもご立派だなと思いました。ずっと立ったまま、皆さんに挨拶されていました。お寺の中では、コロナもありますし、皆さんはほとんどお話もしていませんでしたよ」

7月8日の凶報を受けて、奈良へ向かった昭恵夫人。9日に安倍元首相の遺体とともに自宅に戻ってから、弔問客が途切れることはなく、ほとんど休みがない状態のはずだ。

生前、昭恵夫人のことを「僕のマドンナ」とのろけてみせた安倍元首相も、心配しているに違いない。

サハリン2「ロシア企業に無償譲渡」の大統領令…三井物産・三菱商事グループ出資

【動画】東日本大震災後にサハリンから到着した支援の液化天然ガス