「プーチン大統領は来年引退」英MI6元長官が発言「療養所に入所」の見通し 元情報部員も健康不安説に言及、クレムリン「不安定になっている」

スパイ映画でも知られる英秘密情報部(SIS、通称MI6)の元長官が、ロシアのプーチン大統領が2023年までに引退すると発言した。MI6元情報部員も健康不安説に言及した。西側の諜報機関はロシアのトップシークレットをどこまで入手しているのか。

「彼(=プーチン氏)は2023年までに去るだろう」と語ったのは、リチャード・ディアラブMI6元長官。共同でホストを務めるポッドキャスト(音声メディア)で語った。「おそらく療養所に入所し、ロシアの指導者として浮上することはないだろう」と述べ、ニコライ・パトルシェフ安全保障会議書記が「代役になる可能性が高い」との見通しを示した。

MI6元情報部員のクリストファー・スティール氏は、プーチン氏について「常時、医師に付き添われている」と健康不安説に言及。安全保障会議で「セクションの間に外に出て何らかの治療を受けている」と述べたと英LBCラジオが伝えた。クレムリン(大統領府)内部について「ますます熱を帯び、不安定になっているかに見える」とし、後任は「プーチン氏より強硬な人物になるだろう」とした。

軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏は「米国やフランスの情報機関の場合、OBに情報を流すことはないが、英国は特殊なインテリジェンス(諜報)コミュニティーがあり、人的ネットワークもあるとされる。ただ、プーチン氏の病状などは最高機密で、ロシアに揺さぶりをかける場合を除けば外には出てこないのではないか」とみる。

近年の情報戦では古典的なヒューミント(人的諜報)に加え、シギント(通信傍受や暗号解読)の働きも大きく、米国家安全保障局(NSA)や英政府通信本部(GCHQ)などの活動も注視されている。

「ウクライナ侵攻では米英はかなり情報を得ているようにみえる」と黒井氏。「平時にロシア側のネットワークにバックドアといわれる秘密裏の穴を開けておき、有事に侵入する手法がある。GCHQもNSAの情報の一部をハイレベルで共有しているとみられる。ロシア軍の苦戦の背景にはNSAのサイバー攻撃などの働きも大きいのではないか」と語った。

芦田愛菜、慶応大学医学部進学内定! 芸能界初の快挙

女優の芦田愛菜が、来年から慶応大学医学部に進学することが内定したという。彼女は今、付属の慶応女子高3年生。医学部は他学部とは違い、慶応女子からは5人前後しか進学できないらしく、内部進学でも超狭き門だという。

「純粋に評価していいと思いますよ。彼女は中学受験の際、J学院と慶応女子に合格したのは有名な話。J学院は東大を目指すトップクラスの中高一貫校ですが、学校から芸能活動を禁止された。それで慶応女子に入った経緯があります。進学してからは『医者になりたい』と言っていたので、実現間近でしょう」(芸能ライター)

まだ少々早いが、一部週刊誌は芦田が病理医を目指していると報道。

「病理医は、診察はしないのです。患者の組織を採取して、その性質をジャッジしたり細胞診断などをします。よく知られているのは、死因不明の患者の病理解剖などを行う解剖医の存在。今、日本の医学界は解剖医が圧倒的に不足し、授業も困るほどです。彼女がもし解剖医になったとしたら、医学界に大きく貢献できますよ」(医学誌ライター)

順調にいけば、芦田は来年4月から医学部生ということになる。

NATO、ウクライナに無制限の軍事支援約束

【5月16日 AFP=時事】北大西洋条約機構(NATO)は15日、ドイツ・ベルリンで開かれた外相会合で、ウクライナへの無制限の軍事支援を約束した。

 アナレーナ・ベーアボック(Annalena Baerbock)独外相は会合で「ウクライナが自国の防衛のためNATOの支援を必要とする限り」 軍事支援を行うと述べた。また、イエンス・ストルテンベルグ(Jens Stoltenberg)NATO事務総長は「ウクライナはこの戦争に勝てる。ウクライナ国民は勇敢に祖国を防衛している」と語った。

製鉄所に焼夷弾を使用 温度は2千度以上「地獄が降りてきた」

 ロシア軍が包囲し、ウクライナ部隊が抵抗を続けるウクライナ南東部マリウポリの製鉄所「アゾフスターリ」をめぐり、同市のアンドリュシチェンコ市長顧問は15日、重いやけどを負わせる焼夷(しょうい)弾などをロシア軍が前日14日に使い、製鉄所を攻撃した疑いがあるとSNSで主張した。燃焼時の温度は2千度以上で消火も極めて難しいとし、「地獄が地上に降りてきた」と記している。

プーチン氏が重病? ウクライナ高官「がんなど様々な病気」

東部で連日、激しい戦いが続くなか、ウクライナの高官はロシアのプーチン大統領が「がん」などを患って重い病気だとの分析を明らかにしました。こうしたなか、ロシアのメディアは後継者として、ある男性が急浮上したと報じています。

 ウクライナ軍の攻勢が伝えられているウクライナ第2の都市ハルキウ。アメリカのシンクタンクは、ロシア軍がハルキウから完全撤退を決めたとみられるとの分析を公表しました。

 ロシアによるウクライナ侵攻からまもなく3カ月。ウクライナ国防省の高官が今後の見通しについて語りました。

 ウクライナ国防省・ブダノフ情報局長:「ターニングポイントは8月後半になります。年内にはロシア軍との戦闘の大部分が終結する。その結果、ロシアの政治情勢がすべて変わります」

 ロシア軍との戦闘の大部分は年内には集結し、その結果、ロシアの政治情勢はすべて変わるとしました。さらに…。

 ウクライナ国防省・ブダノフ情報局長:「プーチン大統領は精神的、肉体的に非常に悪い状態にあると分かります。彼は重い病気です。同様に様々な病気を患っていて、そのひとつが、がんです」

 プーチン大統領が「がんなど様々な病気を患っている」という分析を明らかにしました。しかし、根拠については言及しませんでした。

 プーチン大統領の健康状態については、アメリカ誌「ニューラインズ」もロシア政府に近いオリガルヒの話として「血液のがん」でかなり体調が悪く、ウクライナ侵攻を命じる少し前に背中に手術を受けたと報じています。

 そんななか、ロシアのメディアは、これまで無名だった男性がプーチン大統領の後継者に急浮上したと報じています。

 9日に行われた、対ナチス・ドイツ戦勝記念日の軍事パレード。この時、至近距離で親しげに話す男性の姿が映し出されていました。

 男性はプーチン大統領を気遣っているのでしょうか、手はプーチン大統領の腰に添えられています。

 BAZAによりますと、この男性は大統領府の局長、ドミトリー・コヴァリョフ氏(36)。2人には共通の趣味があり、距離の近さは後継者ということを示唆しているといいます。

 ロシアネットメディア「BAZA」:「コバリョフ氏のSNSにはアイスホッケーの写真がたくさんあります。彼はアイスホッケーという共通の趣味でプーチン大統領と出会った可能性がある」

 これまでプーチン大統領もアイスホッケーに興じる姿が度々、報じられていました。

 また、他のロシアメディアによりますと、コヴァリョフ氏はFSB(ロシア連邦保安局)とも深い関係を持ち、父親はガス会社大手「ガスプロム」の関連会社の最高経営責任者だといいます。

 突如としてプーチン大統領の後継者に名前が上がったコヴァリョフ氏ですが、自身のSNSは9日以降、非公開にされているといいます。