「パーソナル筋力トレーニング」で腰椎骨折 国民生活センターが注意呼びかけ

スポーツジムなどでトレーナーから1対1の個別指導を受ける「パーソナル筋力トレーニング」で、骨折などのけがをする事故が相次いでいるとして国民生活センターが注意を呼びかけました。

国民生活センターによりますと、去年6月、京都府のスポーツジムでトレーナーから個別に指導を受けていた30代の女性が30キロから45キロのバーベルを持ち上げていた際に腰椎を骨折する事故があったということです。

女性は2か月にわたりトレーナーから指導を受け、徐々にバーベルの重さをあげていったということですが、腰に痛みを感じ病院を受診したところ骨折が発覚したということです。

「パーソナル筋力トレーニング」をめぐっては2017年4月からの5年間で国民生活センターに105件の事故が報告されていて、そのうち4人に1人は全治1か月以上で、神経や脊髄を損傷するケースは21件でした。

報告される事例の9割以上が女性であるほか、年代別で見ると40代が最も多いということです。

国民生活センターのアンケートによりますと、パーソナル筋力トレーニング中にけがや体調不良になった時の状況について、4割近くの人が「トレーナーの指示が過大な動作や負荷だと思ったが指示通り続けた」と答えたということで、消費者に対し自分の身体に異変を感じた場合は無理をせず中断するよう呼びかけました。

また、けがや体調不良になったあとの補償について、「十分な補償があった」と答えた人は1割ほどしかいなかったということで、契約する際には事前に補償についての確認をするよう呼びかけました。

国民生活センターは事業者に対し、「個々の消費者からヒアリングを行ったうえ適切なトレーニングプランを作成してほしい」としています。

プーチン大統領、北朝鮮亡命の可能性を専門家が指摘 「極秘トンネル」を利用か

では、どこに亡命するかといえば、可能性があるのが北朝鮮です。2013年にロシアと北朝鮮を結ぶ鉄道が開通した時は、同時に鉄道の地下にトンネルを掘ったとの噂も飛び交った。ロシアと北朝鮮はそうした秘密のルートをいくつか持っているし、金正恩はソ連時代の約110億ドルの累積債務の9割を免除にしてくれたプーチン大統領に恩義を感じている。もしプーチン大統領が亡命するとなった場合、北朝鮮は喜んで受け入れるでしょう」

宮原知子が引退会見 今後の進路「今も医学への夢は持っている」両親は医師 「これから勉強はしたい」【フィギュア】

フィギュアスケート女子で、2018年平昌五輪4位入賞の宮原知子(24)=木下グループ=が1日、オンラインで引退会見し、「全ての関係する方々、たくさんの応援に感謝しています。最後まで充実したスケート競技人生を送れたと思っています」と語った。

 3月26日に自らのブログで引退を表明していた宮原は、決意を固めた時期について「正直なところ(今季の)グランプリシリーズあたりから最後になるかもしれないというのがあって、全日本選手権の直後に辞めようと吹っ切れた感じでした」と説明。後輩のスケーターに向けては「自分の気持ちを大切にしてほしい」という願いを口にした。

 今後については「まずはたくさんのアイスショーに出たい」と語った宮原。両親が医師だけに「今も医学への夢は持っています」と告白。「これから勉強はしたいと思います。いろいろな方法があるので今は探り中です」と話していた。

プーチン大統領、「非友好国」の天然ガス購入にルーブル建てを強制

ロシアのプーチン大統領は、日本を含む「非友好国」が天然ガスを購入する際にルーブル建てでの支払いに応じない場合、契約は破棄されると表明しました。

 プーチン大統領は31日に公開された映像で、「非友好国」によるロシア産天然ガスへの支払い方法を定めた大統領令に署名したと発表しました。

 「非友好国」はロシアが指定する銀行に特別口座を開設し、4月1日以降はルーブル建てで代金を支払う必要があるということです。

 この新たな規則に従わない場合、天然ガスを巡る契約は破棄されるということです。

 ただ、新たな大統領令は、政府の特別委員会が許可した場合、外貨での支払いも認められるとしていて、実効性がどこまであるかは不透明です。

 プーチン大統領はまた、アメリカが対ロシア制裁を通して、ヨーロッパ各国に割高な自国産の天然ガスを売りつけようとしていると批判しました。