ワクチン接種希望者に「生理食塩水を打った」 逮捕の医師が供述

新型コロナウイルスワクチンを知人に接種したとの虚偽の接種記録を登録したなどとして逮捕された東京都北区のクリニック院長の医師が「ワクチン接種を希望する患者に生理食塩水を打ったこともある」と供述していることが、捜査関係者への取材でわかった。北区保健所がこのクリニックで接種記録のある区民を調べたところ、抗体値が低い人が見つかっているという。

「王子北口内科クリニック」の院長、船木威徳容疑者(51)は知人女性の依頼を受け、女性を含む3人が実際にはワクチン接種を受けていないのに接種を受けたとする虚偽の情報を国のシステムに登録したなどの疑いで逮捕された。女性はワクチン接種に反対の立場だったという。

捜査関係者によると、船木容疑者も接種に否定的で、調べに対し「ワクチンを受けたいという人がいたら、危険性を説明し、それでも受けたい人には生理食塩水を打った」と供述。患者には無断だったとみられる。