芦田愛菜、慶応大学医学部進学内定! 芸能界初の快挙

女優の芦田愛菜が、来年から慶応大学医学部に進学することが内定したという。彼女は今、付属の慶応女子高3年生。医学部は他学部とは違い、慶応女子からは5人前後しか進学できないらしく、内部進学でも超狭き門だという。

「純粋に評価していいと思いますよ。彼女は中学受験の際、J学院と慶応女子に合格したのは有名な話。J学院は東大を目指すトップクラスの中高一貫校ですが、学校から芸能活動を禁止された。それで慶応女子に入った経緯があります。進学してからは『医者になりたい』と言っていたので、実現間近でしょう」(芸能ライター)

まだ少々早いが、一部週刊誌は芦田が病理医を目指していると報道。

「病理医は、診察はしないのです。患者の組織を採取して、その性質をジャッジしたり細胞診断などをします。よく知られているのは、死因不明の患者の病理解剖などを行う解剖医の存在。今、日本の医学界は解剖医が圧倒的に不足し、授業も困るほどです。彼女がもし解剖医になったとしたら、医学界に大きく貢献できますよ」(医学誌ライター)

順調にいけば、芦田は来年4月から医学部生ということになる。

“芦田愛菜、慶応大学医学部進学内定! 芸能界初の快挙” への1件の返信

  1. 確かに学力は素晴らしいものが有りますが、このまま医学部に進学いたしますと芸能活動はむつかしいと思います。今の収入を捨てることに果たして身内の反対は避けられないでしょう。インターン(研修医)では年に5・600万、3年目からはアルバイトを入れても1000万台。まあ芸能界を経験した方には酷な仕事となるでしょうね。

コメントは受け付けていません。