宮原知子が引退会見 今後の進路「今も医学への夢は持っている」両親は医師 「これから勉強はしたい」【フィギュア】

フィギュアスケート女子で、2018年平昌五輪4位入賞の宮原知子(24)=木下グループ=が1日、オンラインで引退会見し、「全ての関係する方々、たくさんの応援に感謝しています。最後まで充実したスケート競技人生を送れたと思っています」と語った。

 3月26日に自らのブログで引退を表明していた宮原は、決意を固めた時期について「正直なところ(今季の)グランプリシリーズあたりから最後になるかもしれないというのがあって、全日本選手権の直後に辞めようと吹っ切れた感じでした」と説明。後輩のスケーターに向けては「自分の気持ちを大切にしてほしい」という願いを口にした。

 今後については「まずはたくさんのアイスショーに出たい」と語った宮原。両親が医師だけに「今も医学への夢は持っています」と告白。「これから勉強はしたいと思います。いろいろな方法があるので今は探り中です」と話していた。