慶応病院の研修医が集団感染…自粛要請中に40人で会食

新型コロナウイルスの感染拡大で、慶応大学病院(東京都新宿区)は6日、初期研修医の集団感染が発生したと発表した。同病院では3月31日、研修医1人の感染がわかったため、行動をともにすることが多かった研修医計99人を自宅待機とし、ウイルス検査を行ったところ、6日までに18人の感染が判明した。また、研修医約40人が、病院から強く自粛を求められていたにもかかわらず、集団で会食していたこともわかった。