新型ウイルス

世界保健機関(WHO)は23日、中国で発生した新型ウイルスの流行について、「国際的な公衆衛生上の緊急事態」の宣言を見送ることを決めた。

WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイェスス(Tedros Adhanom Ghebreyesus)事務局長は、スイス・ジュネーブでの2日間にわたる緊急会合を終えて開いた記者会見で、「私はきょう、『国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態』は宣言しない」と表明。「これは中国での緊急事態ではあるが、今のところ国際的な衛生上の緊急事態ではない」と説明した。